• 京王線初台駅より徒歩2分
  • Tel.03-3370-2351

消化器上部・下部内視鏡検査

診療内容

 「消化器上部内視鏡検査」とは、よく胃カメラと呼ばれるもので、食道・胃・十二指腸の病気の診断に欠かせない検査です。「消化器下部内視鏡検査」も大腸の病気の診断になくてはならないものです。
 通常の診察以外にも、人間ドックでがんの発見を目的に用いられたり、一般健康診断で異常が疑われた場合の精密検査として受けることもあります。
 検査は直径1センチの管(内視鏡)を口から挿入し、食道・胃・十二指腸の病変を直接観察して診断します。病気を疑う部分がある場合は、同時に病変部の組織や細胞などを採取して、顕微鏡で調べる細胞診を行えるので、早期胃がんの発見や診断に大変に有効です。また、ポリープがあればその場で取り除くことができます。検査時間は通常5〜15分程度です。

対象となるおもな疾患

消化器上部内視鏡検査
食道炎、食道がんなど食道の病気や、胃炎、胃ポリープなどの胃の病気、十二指腸潰瘍から胃、十二指腸などの病気が発見できます。胃の内壁を直接観察することができるので、X線検査ではみつけにくい病変の診断にすぐれています。

消化器下部内視鏡検査
大腸がんをはじめとする大腸・直腸・結腸の病気。